2015年10月27日

多様な方法で免許を取得する!保育士への道

保育士は責任の大きな仕事

保育士として働く事ができれば公立や私立の保育園だけでなく病院や児童厚生施設などに勤務する事ができます。幅広い就職先に恵まれますので、保育士を志す方も多いでしょう。一方保育士は子供達の健康と生命の安全に関わる仕事ですから、国家資格を取得しない限り保育園で働く事はできません。十代の内から保育士を目指す場合、免許取得に向けて進路を良く考えるようにしましょう。保育士免許を取得する場合、4年制大学か短大、あるいは専門学校に通うのが一般的です。

将来の事も考えたい免許取得

どのような学校に入学して保育士の免許を取得するのか考える場合、先々の就職を考慮する事も大切です。例えば専門学校を出ている人よりも4年制大学を出た保育士の方が採用されやすい職場もありますので気を付けましょう。また既に他の職業に就職している人が保育士を目指したいと思い立つ事があります。そのような場合、通信講座で勉強する事も可能ですから申し込んでみましょう。通信講座であれば自分の都合にあわせて勉強する事ができます。

就職後を考える事も大切

保育士の免許を取得する場合、実際の仕事と自分自身の適性を良く考える事も大切です。保育士は子供達に接する仕事ですから、就職してから「仕事があわない」と判っても簡単に辞める事はできません。責任感を持って働く必要があります。例えば保育士の仕事と言えばひたすら子供達の面倒を見る仕事と考えがちですが、保護者の方々と接する機会も多い実態があります。子供だけでなく大人ときちんとコミュニケーションが取れなければ勤まりません。そうした点に注意しましょう。

人口の多い東京は保育士の求人の宝庫であり、常に人材は募集されています。保育士の求人を東京で探すならインターネットの情報サイト等を参考に、好条件・高待遇の職場を探しましょう。