2015年8月25日

就職をする場合やバイトする場合の空求人とは!?

職安の求人情報の実態とは

求人情報は至る所にありますね。求人雑誌にもたくさん載っているし、職安へ行っても壁や掲示板にズラッと貼ってあります。インターネットでも求人を探すことが出来ますね。これらの求人を見るとこの国には本当に不況なのかと思うぐらいたくさんあります。特に職安は多くの求人があり、バイトの雑誌や就職の雑誌、あるいはインターネットに載っていないような会社もたくさんあるのです。ですが、求人のすべては本物とは限らないんですね。

その求人はウソかもしれない?

職安に行くと求人があり、気に入ってた会社があればそれを職安の人の元に持って行くことで当日ないしは後日電話が来ます。あるいはまずは履歴書を郵送して、特に問題なければ次の面接に進むことが出来たります。たまにいきなり何日に面接しますので来てくださいと連絡が来ることもあるのです。ですが、いくつか申し込むとわかりますが、中には何の連絡も来ないところも少なくありません。何故なら一部は空求人である可能性が高いからですね。

空求人を見分ける方法とは?

空求人はなぜあるのかと言えば、その企業をアピールすためという説と、職安の方で頼まれたので断るわけにはいかずとりあえず採用する気もないのに求人を出していることが多いのです。ただ、このような空求人は真剣に仕事を探す立場からすれば迷惑でしかありません。そこで、空求人を見分けるようにしましょう。空求人は募集人数がやたらと多い場合や、初心者歓迎となっている場合、常に求人広告が貼ってある場合は空求人の可能性が高いのです。

ネットワークエンジニアとして働くからには、給与を意識しておきましょう。一般職の平均給与よりも高い事は多いです。