2015年8月23日

コンビニのバイトは決して簡単とは言い難い

コンビニのバイトは作業量が多い

どこにでもあるコンビニは行なっているサービスの内容が非常に多岐に渡り、取り扱っている商品の種類や数も膨大なものになりますので、行なうべき作業の量は自然と多くなります。また、お店の規模はさほど大きいわけではなく、人件費の関係から常に最少人数でお店を運営することが求められますので、個々の裁量は大きくなり、覚えなければならない作業は非常に多いといえるでしょう。未経験でも採用されますが、採用されてから一人前になるまでが大変なのです。

時間帯によってメインの仕事が異なる

コンビニは二十四時間経営しているところが大半です。ですが、常にお客さんで混雑をするわけではなく、中にはほとんどお客さんが来ない時間帯というのもあります。そのため、接客業務のみをしていれば良いというわけではなく、来店数が少ないタイミングを見計らって店内の清掃や品出し、経理の仕事をしなければなりません。時にはこうした店舗の維持管理がメインの仕事になる時間帯もありますので、運営全体に関わることとなります。

夜に働くことだってあり得る

もちろん本人の希望が考慮されますが、コンビニは夜中にも運営をしているわけですから、夜中に働く可能性だってあり得ます。立地や時期によっても大きくことなりますが、基本的にお客さんは少ないので店舗の維持管理がメインの仕事になります。夜中に早朝に向けて納品が行われるところもありますので、品出しなどの作業も行われます。もちろんお客さんが来店すれば対応をしていくことになりますので、同時並行で作業を進めていくことになります。

コンビニのバイトは様々な年代のお客様と接する仕事なので後々社会人になった時のビジネスマナーの勉強として役にたちます。