2015年8月22日

業界によって違う!?就職活動の服装について

特に指定がない場合にはスーツが基本

就職活動の採用説明会や会社説明会に面接などを受ける際には特に指定がない場合にはスーツを着用していくのが基本です。スーツの色は特に指定がありませんが、無難なリクルートスーツを着ていくのが良いでしょう。シャツの色は白にすることが好ましく、ネクタイもあまり派手すぎるものやアニメ柄のものなどは避けるようにしましょう。シワ等がある場合にはアイロンがけをしてしっかりと伸ばしておき、社会人としてふさわしい格好で就職活動するのが一番です。

業界によっては私服で面接を行う場所もある

アパレルやファッション業界など、その人のファッションセンスが入社の参考基準になる場合には私服で面接を行う場所もあります。その際には普段自分が着ているファッションを着用していくのが一番ですが、あまりラフな格好になり過ぎないように気を付けましょう。また極端に肌を露出する格好も好ましくはありませんからなるべく避けることが一番です。私服で面接を受ける場合にもスーツを着ている時と変わらない態度で丁寧に受けることが適切です。

就職活動のスーツは体にあったものを

就職活動で着用するスーツは体にあったものを着るようにしましょう。サイズの不一致で大きすぎる場合にはスーツに着られている印象が拭い去れず、マイナスな印象を与えてしまう場合もあります。ですから採寸をして自分にピッタリのスーツを選んでくれるお店で買うことにしましょう。スーツの値段は安いものでも大丈夫ですから予算に合わせたものを買うのが一番です。新社会人になるための就職活動では清潔感あふれる服装が大切です。

新卒紹介を行っているサイトならば、あらゆる求人を見ることができます。自分の希望に合う職種を重点的に探して選びましょう。